喉元過ぎれば忘れてしまう出産の痛み

出産予定日まで残すところあと一週間となりました。

そういえば、出産に関する謎の一つに、腹部のどの部分が、一体どのくらい、どんな風に痛いのかがイマイチよく分からないということがあります。

友達の中で経産婦の人に聞いても、皆口をそろえて「とにかく痛いのよ~、これまで経験した中で一番痛かった」とか言う割には、「具体的にどんな痛みか覚えてない、忘れた」と言うのですね。

「食中毒になったときとどっちが痛い?」などと聞いても「そのどれよりも痛い」という人が大半。

しかも、「どの辺りが痛いの?「刺すような痛み?それとも鈍い痛み?」と聞いても「う~ん、生理痛の激しいやつだけど鈍くはないかな」とか、「その全部」とか、個人差があるのかもしれませんが、いまいちピンとこないのです。

そのくせ「もう一人くらい産みたいな」とか言っているのを聞くと、案外大げさに痛がってない?と疑問に思ったり・・。

ちなみに私の周りが出産ラッシュだった10年前は、アメリカにいたこともあって8割以上の人が無痛分娩でした。

わたしも当然無痛で!と思っていたものの、最寄りの大病院で評判も大変よい医療機関で出産することに決めてからは、その選択肢は消えてしまい、病院が推奨するフリースタイルの自然分娩となりそうです。

もちろん複雑なケースの場合は帝王切開という可能性もあるのですが、この点病院からは「あくまでドクターの判断で。患者さんのリクエストではしませんよ」と釘を刺されてしまいました。。

素人がそんなリクエストしないってば~(と今は思うのですが)。

それにしても私自身も後になれば、「う~ん、どんなだったか忘れた」・・・とか言い出すのでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中