Mental Balance / 心のバランス

The fragrance always stays in the hand that gives the rose / バラの香りは差し出した人の手に残る

The fragrance always stays in the hand that gives the rose.

Hada Behar

一年に一度くらいは・・・と、毎年クリスマスシーズンには職場の同僚たちにミニギフトを贈ることにしています。

ところが今年はドタバタしているうちにすっかり忘れていたのでした。
先日、部署の忘年会があり、その席で女の子たちが

「二年前はお菓子の入ったミニブーツだったよね~」

「で、去年はサンタ・ソックスにアロマの入浴剤とかはいってた」

なんて話しているのを小耳にはさみ、ついうっかり忘れていたことに気づきました。
タイムリーに気づけてよかったのですが、それにしてももう時間もないし、考えあぐねていたら、夫が「蔵書をあげたら?」とナイス・アイディアを出してくれました。

いつも大量の書籍を買う私たち。
そういえば、そろそろ本棚もキャパオーバーなのでした。我が家の家計は食費と書籍代がいい勝負・・・いや、セミナー代金まで含めると断然後者が勝っていたりします。

買った本の大半は、サイン本などやキープしておきたいものを除いて数カ月から半年のサイクルでBook-Off 行きとなる一方で、いつ読み返す予定もないままに、思い出深くて何年も手放せずにいる良書もたくさんあります。

部署には派遣さんを入れて20名近い人たちが働いているのですが、「この人にぴったりな一冊はこれ!」と即決できる場合もあれば、最後までぴったりくるものが決まらないケースもありました。

最終的に全員分の本を選び出し(実はこのプロセスはすごく楽しかった!)、メッセージカードに、なぜこの本がその人にぴったりだと思うのかなど書きこんで、サンタ・ハットにくるんで一人づつに手渡すことにしました。

結果は大盛り上がり☆
昨年のお菓子や入浴剤というグッズにはなかった反響として、お互いにもらった本を比べあって感想を言い合って騒いでいました。
例えば自己啓発書をもらった人は、「これ読んでパワーアップして会社を辞めたくなったらどうしよ?」と笑っていたり、婚活本をもらった人は、「この微妙に折り目がついたページは重要箇所なんでしょうか?

真剣に読ませて頂きます」とコメントくれました^^。
わたしのように失敗するんじゃないよという老婆心から渡した結婚の心得について書かれた本をもらった人は、「嫁入り前にめちゃタイムリーです!これで学びます」と喜んでくれて、片や「いつも空回りしてしまうあなたへ」なんていう余計な帯がついている女性向けキャリアアップの本をもらった人は、「そーなんです、いつも私空回りしていて・・・」なんていうので、「いや、そういう意味じゃないから・・。

そもそも自分が読みたくて買ったので、深読みしないで~」とフォローアップが必要だったりしました。

最近結婚したばかりの男性には敢えて一人暮らしの本を。なぜかというと家事労働をきちんと分担できると今後の奥さんとの関係がよくなると思ったので。

そして、多くの人は「今日は本をどうもありがとうございました!」と一声かけてくれてから退社していったのでした。

これも従来は見られなかった反応でした。やっぱり本のもつメッセージ性ってすごい!!

上司や先輩から本をもらうって嬉しいことなんだな~と実感しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中