速攻レシピをストック中

CFOの舞台裏
以前にも書きましたが、日々の食事(特に夕食)を滞り無く、準備できることが復職をする上での最大の課題です。

なのでこれからはストップウォッチを片手に・・・は大げさにしても速攻メニューの品数を増やさねばなりません。

上はそうめんを茹でておいたものに、ウインナーと簡単な野菜を炒めて鶏ガラスープの素を入れて卵で仕上げるという簡単メニューです。

雑誌に載っていたのですが、10分の枠をクリアしたので採用!

毎日のお食事というものは、何を作るかということよりも何を作ろうかと「決める」プロセスが面倒なんですよね・・・。

あと、大した量も食べない幼児の食事くらいチャッチャッと作れそうなものですが、なぜハードルが高いかというと時間的な制約と段取りの柔軟性がとっても厳しいからなのです。

復職後の家内オペレーションを想像しただけで気が遠くなりそうですが、午後5時すぎに保育園に二人の子供をお迎えに行き、30分ほどかけて移動するのでどんなに早くても家につくと5時半。

帰宅中はスナックやジュースでお腹を紛らわしますがすぐに「お腹すいた~」コールが出始めるので遅くとも午後6時には夕食をスタートさせなくてはなりません。

下の子はまだミルクなので、保育園の先生にはお迎えの直前に授乳しておいてもらうようお願いすることにして、ダッシュで食事をつくるとしても正味5分~10分ほどしか調理時間はないと覚悟しないと・・。

しかも食事が終わったら、自分の食事はさっさと終わらせ(一体誰が作るんだ?)

二人の子供をお風呂に入れて、パジャマを着せて、髪を乾かし、子供の爪を切り(子供の爪って伸びるのがとっても早~い)、歯を磨きをさせて(仕上げ磨きをするまでに時間のかかること!)理想では絵本などを読みながら夜9時までには子供を寝かしつける・・・という芸当をやってのけなければなりません。

そして、ようやく子供が寝静まったらキッチンのシンクに積み上がったお皿を片づけ、さらにリビングに散らかり放題のおもちゃを片付けながら、翌日の保育園の準備と洋服の準備を整えて、連絡帳に体調などを記入し(これからは二人分~。ひぇ~)

明日の予定をチェクして今日寝る前に終わらせることをまとめて(明日の朝食と夕食のした準備を含む、そして自分のこともいろいろと・・)

そして唯一の気晴らしであるブログをアップしてベッドにつけるのが真夜中だったらラッキー・・・なのでしょうねぇ。。

今もそうですが、近い将来はもっといつも次の食事は何にしようか、食材は揃っていたっけ?

ということが頭の大半を占めるという状態が続くに違いありません。

速攻で調理できる早業レシピと食材を週に3日分ほど用意しておいて残りの日は外食やケータリング、お惣菜売り場直行のもので、なんとかならないかしらと既に負担軽減プログラムを思案中・・。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中