Why? と聞かれてBecause … と答えてはいけない?

その昔、10年間アメリカで働いた後に日本に戻ってきましたが、帰国してからそろそろ10年が経過します。

思えば日々、英語コミュニケーションの宝の山で暮らしているのですが、これまで職場の人たちの英語でのやり取りにふれる度に、いろんなぎこちなさを感じてきたものの、その理由が今一つピンときませんでした。

どこかぎこちないなと感じる時の大半がスペルミス、文法の間違い、不自然な言葉の使われ方だったりするので、もっと深い理由になかなか気付ないでいたところ、先日とある部下の間違いで、外資系ビジネス英語の特徴に気づいた。

その間違いというのは、アメリカ人の人事担当役員と日本人マネージャーの間でのやりとりの中でおきた。

まず、社内システムのオペレーション(業務フロー)について役員から下記のような質問。「現状では新規採用者が社内システムを使用できるようになるには入社後数日間かかるがそれは何故(Why)?」

この質問を受けた担当マネージャーは、技術的な知識を盛り込み、システムの略語を駆使しながらこう答えた。「なぜなら(Because…)%&$を#?@にアップロードしてから、%$+へフィードし、ウンヌンカンヌン・・・」。

この答えを見た瞬間、随分とピントが外れた答えだなと思っていたところ、役員からすかさず「プロセスが随分と複雑なことは分かったけれど、聞きたいのはどうすれば早く使用できるようになるかということ。で、どうすればいいの?」という次なる質問が。

答えに戸惑ったのか、マネージャーからは何時間も返事がない。確認してみると、Why?という質問に対して理由を説明したのに、今度は How? と聞かれて提案を求められたといって戸惑っている。一度目はトンチンカンな答えしか出せず、二度目はのろのろと回答できずに印象が悪くなるばかり。

これはどちらかというと言語的な問題ではなくて、プロフェッショナルレベルの問題だと私は思うのだけれど、上司から何かを頼まれた時に、指示された通りのことしかやらない、言われたことをそのまま真に受けて焦点を絞ってしまうのはリスクが高い。

一つには、答えが凡庸で解決策が提案されていないのでできない社員に見えてしまう点。そして結果を出すのに時間がかかることで、効率が落ちて周りに迷惑がかかる。

さらに、指示通りのことにしか配慮できないと、現場から別のアプローチを提案したり、求められた結果が出ないこともある。

新入社員が一斉に4月に入社して手とり足とり研修を受ける日本と違って、アメリカの会社では一年を通して社員の流動性が高くてポジションごとに採用される。

レベルの高い低いにかかわらず、特定部署の特定ポジションに必要なスキルセットを兼ね備えたプロフェッショナルとして働くので、スキルが活かせず、評価が低いと日本とは比べものにならないくらい簡単にクビになる。

雇用の不安定さというのは日本ではなかなか実感できにくいかもしれいけれど、自分に仕事を回してほしい、役に立っているという実感が欲しい、評価が欲しい、何とかして結果を出したいというハングリーさはかなりのもの(少なくとも専門性の高いプロの職場では)。

だから上司から(しかも役員から)課題を与えらて、つまらない答えを返すなんて、認めてもらえるチャンスをみすみすゴミ箱に捨てるに等しい行為。

上の例でいくと、彼女の質問は最初から「入社日に即使えるようにするにはどうすればいいの?」と専門家であるマネージャーに対してアドバイスを求めているのは明らか。

さらにマネージャーとして自分の仕事は問題解決することだという自覚があれば、同じ質問でも「なんとかして即日に使えるようにしてほしい」という依頼に聞こえたかもしれない。

どこかのコマーシャルではないけれど、英語はまさに異文化コミュニケーション。少々ブロークンでも生活態度が異文化に対応する柔軟性を備えていることがまず重要。

次にバイリンガル・プロフェッショナルの常として、高い競争力を意識して動けば上のような間違いを犯さずに済む。

職場で英語でやりとりするときには、言葉そのものではなく、相手が本当は何を求めているのかに耳をかたむけるべし。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中