キャリア系サイボーグ

先日も女性管理職の人達数人と食事に行ったときに、あらためて「正真正銘キャリア系とのギャップを感じました。

子供もいる年上の女性管理職は、「昔から仕事一筋にやってきたかったから、子供を生むことは本当に想定外だった」(子供ができたのはアクシデントだったといわんばかりのニュアンス)という感じでした。

別のママさん同僚は「うちはまだ小さいから手がかかって大変。近い将来、実家で長期間預かってもらえるよう、夫と相談しているの」。

こんな話が当然のように話される中、わたしは「この人達はサイボーグだ・・」と感じて、居心地が悪かったのですが、さらに追い打ちをかけるように、「この間から忙しくて、小学生の子供たち二人を4日間もお風呂にいれてないの・・」。

皆、パートナーや子供がいるところをみると、人間的なところも残されていると推測はされますが、こういう人達とプライベートでお友達になるのは、難しいだろうと思いました。

実際に自分の家族・親戚や友人の家庭を見てみると、金銭的には様々な事情がありながらも、皆幸せそうで、満たされていて、こっちが羨ましくなるくらいです。

いい年した大人がキャリア、出世、名誉、権力なんてものにガツガツしているのって本当にみっともない、とあらためて感じることとなった一件でした。それよりも、子供や後進の育成、地域への貢献、社会奉仕などなど、高次元の取り組みに身を削っている人を見ると、やりがいと価値のあることやってるな、と思います。

今のポジションでの私の小さな夢は、職場のチームを引っ張って、仕事をバリバリこなして評価される楽しさを教えつつも、時短のママさんなどの採用も積極的に進めて私生活も両立できるんだよ、ということを伝えることです。

言い換えると、自分の部署をキャリア系サイボーグ養成所にしない中で、ガツガツしなくても笑顔で結果を手に入れる仕事術を伝授していきたいのです。

そして、私は組織に縛られないアラフォーの旅にでる、というのはどうでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中